数年前からファッションのトレンドの一つに、つけ襟が浮上して、

レース、パール、ラインストーンなど素材も充実し、ネックレスタイプになっている物まであります。

私も最近、当会社の女子社員に赤ちゃん(女の子)が生まれたので、赤ちゃんに、つけ襟をプレゼントしました。

日本でも襟へのこだわりは古くに遡り、源氏物語の中でも重ねられた襟のその色どりでその女御達の性質を表現仕分けていました。

現在に於いても舞妓さんなどの半襟は芸術的に美しく手がこんでいます。

ヨーロッパのレースの襟も引けを取るものではないく糸の宝石と呼ばれる程高価であったそうです。

本来衣服の一部であった襟が、付け替えが出来る様に工夫された始まりは、仕立服があまりにも高価だった為なのかもしれませんね!

顔に一番近い襟の持つ印象は非常に大きく、その効果の表れとして数多の形が造り出されてきたのかもしれなく、

自分に似合う形とそうではない形は年齢によっても変化していくので、時々色々な襟を試してみるのも良いかもしれないですね。

レースというだけで、おしゃれ感が出るし、本当に持つ印象は非常に大きいです。

t02200220_0612061213104003273