この言葉の本当の意味は、「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」

良い言葉で、身に染みて感じる事があります。

よく誤った解釈で「情けは人の為にならないので、他人に余計な情けをかけない」って捕らえている人もいます。

見返りを求めず純粋に行動し、結果的に自分に返って来た時など、人間的に何かを得る事が出来、また一つ成長し生きている喜びを感じます。

守るべき人がいたり、守ってくれる人の存在、自分がこの世での居場所を確認させられます。

blog25